急上昇ワード

ショップからのお知らせ

・静岡県・熊本県の大雨による集荷・配達の遅延について 詳細はこちら

・ご注文前に必ずお手持ちの機器との対応状況をご確認ください 詳細はこちら

・ショップリニューアルに伴う「パスワードの再設定」のお願い。 詳細はこちら

・新型コロナウイルス対応に伴う影響について(一部業務中止及び延期のお知らせ) 詳細はこちら

セキュリティUSBマネージャー
セキュリティUSBマネージャー
  • セキュリティUSBマネージャー

セキュリティUSBマネージャー

  • 商品コード
  • 4562313887038
  • 型番
  • HUD-SUMA
  • 販売価格
  • 44,000円(税込)
  • 標準価格
  • 46,200円(税込)
  • 数量
  • 在庫
  • わずか

住所など入力不要!amazonpay使えます

現在0人がお気に入りに登録しています

      パスワードポリシー設定

      パスワードポリシーを企業の情報セキュリティポリシーに合わせてカスタマイズすることができます。

      初期パスワード設定

      使用者に配布する前に初期パスワードを設定しておくことができます。さらに使用者に初期パスワードを強制的に変更させたり、初期パスワードの変更を禁止させることも可能。意図しない使われかたを防止することができます。

      設定書込サービス(有料)を利用すれば、初期パスワード設定をして出荷することもできます。

      盗難・紛失時のデータ漏えい対策

      パスワードの入力を規定回数以上間違えると、デバイスがロックされて使用できないようになりますが、強制的に初期化(ユーザーデータがすべて削除されます)をする設定も可能です。
      デバイスがロックされた場合は、「レスキュー機能」でパスワードをリセットするか、初期化をすることで、再び使用することができるようになります。

      パスワードロック機能の無効設定

      パスワードロック機能を無効にすることで、入力装置がない業務用専用端末での利用が可能になります。
      「CD-ROMのオートラン機能」が有効になっていればウイルスチェックは自動的に開始されます。
      ※ パスワード入力画面は表示されません。
      ※ リムーバブルディスク領域は常にアクセスできる状態です。

      使用者がパスワードを忘れても安心「レスキュー機能」

      使用者がパスワードを忘れたときは、「レスキュー機能」を使えば、現在のパスワードをリセットすることができ、セキュリティUSBメモリに保存されているユーザーデータを取り出すことができます。

      【方法1】管理者にセキュリティUSBメモリを渡す

      レスキュー機能

      使用者が管理者にセキュリティUSBメモリを手渡し、または送付します。管理者は〈セキュリティUSBマネージャー〉を使ってパスワードをリセットし、新しいパスワードを設定してから使用者に返却します。

      【方法2】ファイルの送受信で「解除ファイル」と「解除キー」を発行してもらう

      レスキュー機能

      使用者がセキュリティUSBメモリから「レスキューファイル」を出力して管理者に送付します。管理者は〈セキュリティUSBマネージャー〉を使って「レスキューファイル」から「解除ファイル」と「解除キー」を作成できます。この2つがあれば遠隔地にいる使用者もパスワードをリセットすることができます。

      【方法3】電話等でパスワードをリセットする「解除キー」を教えてもらう

      レスキュー機能

      使用者がセキュリティーUSBメモリから「レスキュー番号」を出力して管理者に電話等で連絡します。管理者はを使って「レスキュー番号」から「解除番号」を作成。電話等で「削除番号」を伝えてパスワードをリセットしてもらいます。

      インターネットにつながらないネットワークで定義ファイルを更新「ローカルアップデート機能」

      サーバソフトウェア“Local Updater”の「ローカルアップデート機能」を使うと、インターネットとの接続を遮断されているPCに対して、ウイルス定義ファイルの更新を可能します。
      ※マカフィエディションのみに対応した機能です。

      インターネットに接続可能な社内サーバに“Local Updater”をインストールします。Local Updaterを使うことでウイルス定義ファイルサーバから、社内サーバに定義ファイルをダウンロードして保存しておきます。社内PCに接続したセキュリティUSBメモリは、社内ファイルサーバにある定義ファイルを使って更新することができます。

      実行制限機能

      管理者が許可したPC以外ではセキュリティUSBメモリの使用を制限することができる機能です。
      使用が許可されていないPCにおけるセキュリティUSBメモリの使用制限は、下記より選択が可能です。

      • ・使用禁止
      • ・パスワード認証により使用可能
      • ・コピーガード機能により使用可能

      使用を許可するPCかどうかの判断基準

      ・ファイル、フォルダ、レジストリキーの有無
      ・MACアドレス /IPアドレス/ドメイン/ワークグループ

      ※上記のAND条件、OR条件、AND+OR条件で設定できます。

      コピーガード機能

      コピーガード機能を有効にすると、指定PCでは通常通りセキュリティUSBメモリを使用できますが、自宅のPCなど、指定PC以外では、セキュリティUSBメモリ内のデータをPCに保存することや、印刷、スクリーンキャプチャなどが禁止されるので、データ漏洩対策をより強固にすることができます。

      指定PC以外で禁止することができる機能

      • 印刷
      • インターネットアクセス
      • スクリーンキャプチャ
      • クリップボード
      • ネットワーク共有フォルダアクセス

      自宅PCのセキュリティ対策状況をチェック

      セキュリティUSBメモリが接続されたPCがウイルス対策されているかどうか、監査する機能を搭載しています。監査の結果、危険だと判断された場合、セキュリティUSBメモリの使用を禁止する設定も可能です。

      使用OS制限機能

      使用できる Windows OSを制限できます。古いWindows OSで使用させたくない場合等にご使用いただけます。Mac OSでの使用可否も設定できます。※Mac OSではパスワードロック機能のみ動作します。

      Windows

      下記のOSから使用を制限するOSを選択できます。
      ・Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10
        ・Windows Server 2003/2008/2012
        ・Windows Embedded

      Mac OS

      Mac OSでの使用可否を設定できます。

      貸し出し期限設定機能

      セキュリティUSBの使用期間を制限できます。 一時的に貸し出す場合などにご使用ください。 使用期間を過ぎるとセキュリティUSB内データを強制消去する設定も可能です。貸出後に使用期間を延長することもできます。

      ログ機能

      セキュリティUSBメモリの使用状況を確認することができるログをセキュリティUSB本体に記録する機能です。使用者によるログの閲覧/出力/削除を制限することができます。

      ・ファイル操作したPCの情報

       (操作日時/コンピュータ名/ユーザー名/Macアドレス/IPアドレス)

      ・デバイスに関する情報

       (デバイスのUSBシリアル番号、個体識別番号※裏面のシールに記載)

      ・ファイル操作情報

        (ファイル名、ファイルサイズ、ファイル操作したプロセス名、ファイル処理*)
       *開く、作成、アクセス、実行、移動、コピー、削除、リネーム

      INFO BANKER

      セキュリティUSBメモリのログを収集し、データベース化する運用管理サーバソフトウェアです。
      INFO BANKERを導入することにより、セキュリティUSBの使用履歴管理、セキュリティUSBの棚卸し、セキュリティUSBへのファイル操作履歴管理を行うことができます。

      ログはセキュリティUSBから自動的にネットワーク経由で社内サーバへ送信され、IINFO BANKERの情報はブラウザ経由で確認できます

      サイレント・ソフトウェアアップデート

      ユーザーには通知せず、自動的にセキュリティUSBのソフトウェア・アップデートを行う機能です。
      アップデート時の管理者様へ問い合わせを軽減できます。

      セキュリティソリューションと連携する機能

      各社のセキュリティソリューションで採用している特殊フォーマットに対応

      PCに情報漏えい防止などのセキュリティソリューションが導入されている環境でUSBメモリを使用する場合、USBメモリへ暗号化を含む特殊フォーマットを掛ける場合がありますが、セキュリティUSBメモリはそのような特殊ファーマットを掛けることができる仕組みを持っていますので、セキュリティソリューションが導入されている環境であっても安心して使うことができます。

      USBデバイスの識別情報の変更に対応

      USBプロダクトストリングスとリムーバブルディスクのボリュームラベルを変更できます。
      ・プロダクトスリングス(*1):情報漏えいソリューションの認証識別子として利用できます。
      ・ボリュームラベル:マイコンピュータ上で見えるドライブ名が変わり、簡易的なデバイス判別に使用することができます。

      (*1:USB PIDとは異なります)

      その他の機能

      ファイル追加

      セキュリティUSBメモリのCD-ROM領域・リムーバブルディスク領域へファイルを追加することができます。CD-ROM領域はユーザーがファイル削除できないので、削除されたくないファイル保存に適しております。

      リムーバブルディスク領域のサイズ変更

      リムーバブルディスク領域(セキュリティUSBメモリのユーザーがファイル保存できる領域)のサイズ変更することができます。情報漏えい防止のため特定サイズ以上のファイルを保存させたく無い場合などに使用してください。

      認証キー固定モード

      管理者用ソフトウェアとセキュリティUSBメモリを紐付けるためにセキュリティUSBメモリへ認証キーを設定しますが、この認証キーはセキュリティUSBメモリのデータを削除することで変更できてしまうため、認証キーを一切変更できないモードをご用意しています。

      カスタムメニュー

      100本以上のご注文から可能な有償のカスタムサービスメニューです。
      ※デバイス設定書き込みサービスは50本以上からの対応となります。

      ①デバイス設定書き込みサービス

      管理者用ソフトで設定した内容を書き込んで出荷します。

      ②シリアル紐付けリスト提出サービス

      製品裏面、記名版シールに印字されているシリアルNo(外部シリアルNo)と、USBシリアル(内部シリアルNo)を紐付けたリストを エクセル形式で提出します。
      USBメモリ等の外部デバイスを制御するソリューションにセキュリティUSBメモリを登録する場合に便利です。

      ※注意:製品出荷後のご依頼をお受けすることができません。
      必ず発注時にお申し込みをお願いします。なお、本サービスのみ無償となります。

      ③管理番号 シール貼り付けサービス

      製品に管理番号シールを貼り付け、出荷します。 管理番号は連番でも対応可能です。
      (フォントや文字サイズのカスタム対応も可能です。)

      ④管理番号 レーザー印字サービス

      製品に管理番号をレーザー印字をします。レーザー印字のため、剥がされたり、消されたりしないことが特徴です。 (フォントや文字サイズのカスタム対応も可能です)

      ⑤シルク印刷サービス

      製品の表面にシルク印刷をします。印刷版を作成する費用が必要となります。 ※印刷可能範囲(縦17.2×横49mm)

      ⑥インクジェット印刷サービス

      製品の表面に、インクジェット方式によるフルカラーの印刷をします。シルク印刷とは異なりフルカラー印刷に対応。グラデーションデザインの印刷も可能です。 ※印刷可能範囲(縦17.2×横49mm)

      ⑦ケース変更

      キャップ付きのケースへの変更が可能です。標準ケース同様に、シルク印刷、インクジェット印刷、レーザー印字、シール貼り付けが可能です。 ※USB印刷可能範囲(縦12×横35.6mm)

      外形寸法

      スライド式ケース : 60.0 x 20.8 x 7.8mm(コネクタ伸長時 72.5 x 20.8 x 7.8mm)
      キャップ式ケース : 62.1 x 17.0 x 10.0mm *キャップ含む

      ⑧USBシリアル番号カスタムサービス

      セキュリティUSBメモリのUSBシリアル番号(20桁)の一部をカスタムすることができます。
      ※ セキュリティUSBメモリ本体裏面のシールに記載されている番号とは異なる番号です。

      XXXXYYYYYYYYYYYZZZZZZ(20桁)
         ※Y:カスタムできる部分(10桁)

      XXXX

      YYYYYYYYYYY

      ZZZZZZ

      4桁:当社が任意に規定する管理番号です。

      10桁:お客様が規定(固定)できる部分です。
          使用できる文字は 「0~9, A~F」 となります。

      6桁:000000~999999 のインクリメントとなります。

      特徴

      ■本ソフトウェアはエレコムグループのセキュリティストレージ製品※のパスワードポリシー設定、製品のデータレスキュー、INFO BANKERの設定を行うための管理者用ソフトウェアです。
      ■※・対応セキュリティストレージ製品:USB3.0版:管理者用ソフト対応セキュリティUSB・MF-PUVT3Mシリーズ・HUD-PUVM3Mシリーズ・HUD-PL3Mシリーズ(Password Locker 4)
      ■ポータブルHDD版:セキュリティHDD Model-M・パスワードロッカーHDD・セキュリティポータブルHDD ELP-ST3シリーズ
      ■ポータブルSSD版:エレコム セキュリティ対策用外付けSSD・ロジテックINAソリューションズ 故障検知機能搭載 セキュリティ対策 暗号化外付けSSD
      ■パスワードポリシー・ ユーザによるパスワード変更の制限・ ユーザによるパスワードヒント登録の制限・ パスワードの最小登録文字数の設定(標準設定:8 文字)
      ■ パスワードのアルファベット 最小使用文字数設定(標準設定:0 文字)・ パスワードの数字 最小使用文字数設定(標準設定:0 文字)・ パスワードの記号 最小使用文字数設定(標準設定:0 文字)・ パスワード再入力許可回数設定(標準設定:5 回)
      ■ 初期パスワード/ヒント登録・ 初期パスワードの強制変更・ パスワードの有効期間の設定・ パスワード認証超過失敗時の強制デバイス初期化設定・ 過去に登録したパスワードの再登録制限・ 24時間以外のパスワード変更可能回数・ パスワードロック機能の無効化
      ■<ポイント> パスワードロック無効設定入力装置や表示装置が接続されてない(パスワード入力できない)特殊用途の端末にとの間で安全にデータ授受を行うための設定で、特殊用途の端末においてCD-ROMのオートラン機能が有効になってればウイルスチェック機能も自動で起動します
      ■ ウイルスソフト・ ユーザによる起動時のウイルスチェック範囲設定・ ウイルス検出時にウイルス削除の禁止設定・ ユーザによるウイルス検出時の処理の設定変更制限・ 自動ソフトウェアアップデートの表示制限・ユーザによるログ閲覧・削除制限 等の設定ができます。
      ■ デバイス・ デバイスのリムーバブルディスク領域のボリュームラベル設定・ デバイスのUSB のプロダクトストリング設定・ デバイスへのファイル書き込み制限(読み取り専用デバイス化)・ 使用OS 制限・ 貸し出し期限設定
      ■ ユーザによるデバイスの初期化の制限・ デバイスのCD-ROM 領域/リムーバブルディスク領域へのファイル追加・ パスワードロック解除時の自動実行ファイルの設定・ リムーバブルディスク容量の変更、exFATフォーマット設定 など
      ■データレスキュー機能:セキュアストレージを使用ユーザがパスワードを忘れた場合、セキュアストレージ内のデータを救出することができます。※要事前設定
      ■セキュリティストレージを使用できるPCを制限することができます。制限に使用できるPC情報として、IPアドレス、ドメイン名、レジストリキー、特定ファイルの有無、MACアドレスが使用できます。
      ■<ポイント> 監査機能自宅などの特定パソコン以外のウイルス対策状況を最初にチェックし、対策がなされていない場合はセキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリの使用を禁止したり警告を表示したりすることができるので、情報漏洩をさらにしっかりガードします。
      ■コピーガード機能の設定を行うことができます。コピーガードは特定のPCではセキュアストレージ内のファイル(エクセルファイル等)の編集ができるが、PCへのファイル保存を禁止する情報漏洩対策機能です。
      ■ログ管理設定 リモート運用管理サービス:INFO BANKERオンプレミス/クラウドの各種設定を行うことができます。
      ■その他・ 設定ファイルの出力、設定ファイルの読み込み・ 遠隔設定TOOL の出力
      ■※本ソフトウェアで設定可能な項目はセキュリティストレージ製品によって異なります。各セキュリティストレージの対応項目については、本ソフトウェアのマニュアル(PDF)をご確認ください。

      仕様

      ■対応機種:USBインターフェイス(USB2.0必須)を搭載したDOS/V機器 Pentium4 1.4GB以上のCPU 物理空きメモリ容量512MByte以上 ハードディスク空き容量500MB以上
      ■対応OS:Windows 10 ※日本語OS 場合、日本語表示になります。※日本語OS以外の場合、英語表示になります。※制限ユーザには対応しておりません
      ■その他:※本ソフトウェアを使用する前には、本ソフトウェアならびにセキュリティ機能付きUSBメモリを必ず最新の状態にアップデートしてください。
      ■対応機種(その1):※ USB3.0版:管理者用ソフト対応セキュリティUSB・MF-PUVT3Mシリーズ・HUD-PUVM3Mシリーズ・HUD-PL3Mシリーズ(Password Locker 4)
      ■対応機種(その2):※ポータブルHDD版:セキュリティHDD Model-M・パスワードロッカーHDD・セキュリティポータブルHDD ELP-ST3シリーズ
      ■対応機種(その3):※ポータブルSSD版:エレコム セキュリティ対策用外付けSSD・ロジテックINAソリューションズ 故障検知機能搭載 セキュリティ対策 暗号化外付けSSD

      レビュー

      この商品のレビューはまだありません。

      レビューを投稿する

      レビューを投稿するにはログインしてください。

      アウトレットメーカー直販ならではの大特価でご提供!

      新着商品ELECOMが自信を持ってオススメする新商品をご紹介

      ランキング今、売れている人気商品がひと目でわかる!